一般質問は議会の政策資源 全国市議会議長会研究フォーラムから

土山希美枝准教授の資料の一部
土山希美枝准教授の資料の一部
 8月6日の全国市議会議長会研究フォーラムで、龍谷大政策学部の土山希美枝准教授が、一般質問「質問力研修」について発表しました。その要旨は以下の通りです。「一人でやる一般質問」ではたとえ「いい一般質問」をしても市政の改善につながるとは限らない。政策形成の活動と知見の集約である一般質問を、議会の政策形成につなげられないか。議会の政策資源として、例えば議員間討議の素材に活用することも有効だ。合意形成ではなく、意思形成に役立てることが求められている。議会はライバルであると同時にチームであるという難しさがあるが、意思形成の仕組みと可視化が欠かせなくなっているというものです。
 また「残念な質問」の事例をあげていましたが面白いです。「公表数字を確認するだけの質問」、「論点を入れ過ぎてぼけてしまった質問」、「個別要求的すぎる質問」、「合理的な根拠や論拠のない批判に基づく質問」、「自身の政治信条の演説に終始している質問」、「執行部への謝辞は必要か」などは思い当たることもあります。これらを意識して9月議会に臨んでいきたいものです。