69年目の長崎原爆の日 田上市長が平和宣言

政府は平和に対する懸念の声に耳を傾けよ(長崎・平和宣言)
政府は平和に対する懸念の声に耳を傾けよ(長崎・平和宣言)

 8月9日の長崎平和祈念式典で長崎市の田上市長は、集団的自衛権行使容認の議論のなかで国民が抱く平和への不安と危惧に対し、政府が真摯に向き合うことを求めました。被爆者代表も平和の誓いの中で、核兵器廃絶、集団的自衛権や原発再稼働めぐる政府の姿勢をきびしく批判しました。