古賀市の小学生が議会の見学 議場で押しボタンも体験

議長室で小学生とお話し合い
議長室で小学生とお話し合い

 7月23日の午前10時20分から、古賀市内の小学生が議会の見学に来てくれました。「ふくおか市民政治ネットワーク」の取り組みで、議長室でのお話し、議場での説明やクイズなどが行われました。小学生の皆さんからは、「市長と議長は協力して改革をするのですか」、「賛成と反対が同数の場合はどうするのですか」など鋭い質問がありました。
 議場で行われたクイズでは、押しボタンを実際に使って、結果をモニターに映すなど貴重な経験をしてもらいまいた。
 古賀市議会では今年2月、青少年育成市民会議による少年・少女の作文発表会を議場でやっていただきました。こうした子どもたちに議会を身近に感じてもらう経験はとても大切だと思います。