山形市議が古賀市を視察 歓迎のあいさつをしました

山形市議を歓迎(議会応接室)
山形市議を歓迎(議会応接室)
 5月22日、山形市議会議員お二人が古賀市の自殺予防対策について視察に来られました。山形市は人口約25万4千人、議員は35人です。サクランボやラ・フランス、ラスクなどで有名です。東北ですが気温が40度になることもあるそうです。
 私から歓迎のあいさつをさせていただきました。そのあと古賀市予防健診課長、健康づくり係長が説明を行いました。古賀市の自殺者の現状は2006年の20人がピークで2010年から2012年までは毎年11人でした。2013年は8人と減少しました。
 古賀市では、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現をめざし、自殺の実態を社会的要因も踏まえ明らかにすること、国民一人一人の気づきと見守りを促すこと、早期対応の中心的役割を果たす人材を養成することなどを当面の重点施策としています。それに基づきゲートキーパー研修などを実施しています。さらに医療機関と連携し自殺未遂者対策も追求しようとしています。
 全国の地方議員の皆さん、ぜひ古賀市に視察に来てください!学校教育、健康づくり、食をテーマとする街づくり、議会改革などいろいろ特徴的取り組みがあります。