世論調査結果 内閣優先課題は経済政策と社会保障

世論調査結果を報じる西日本新聞(5月19日)
世論調査結果を報じる西日本新聞(5月19日)

 5月19日の新聞に世論調査の結果が報じられていました。安倍内閣が最優先で取り組むべき課題を問う調査に対し、景気や雇用など経済政策が55.3%、年金や少子化対策など社会保障が50.1%と他の回答を大きく引き離した結果となったというもの。
 安倍晋三首相が強引に進めようとする集団的自衛権など安全保障や外交は10.1%となり、安倍政権と国民の意識のずれがうかがえる内容です。