千鳥が池をテーマにした総合学習 ゲストティーチャーとしてお手伝い

スライドを使いながら千鳥が池の歴史を説明
スライドを使いながら千鳥が池の歴史を説明
 5月15日の午前9時から、古賀市立千鳥小学校で千鳥が池をテーマにした総合学習が行われ、ゲストティーチャーとして参加しました。この学習には4年生と5年生合わせて114人が参加。池に入ってメダカやタヌキモなどを採取して観察会をする予定でしたが、あいにくの雨で教室での学習に切り替えました。
 私は2000年ころから、千鳥が池の環境保全・復元を求める運動を地域の方々と行っています。2000年6月議会では請願書を提出し、賛成全員で採択されました。
 2001年12月には千鳥小の子ども...たちと池のほとりに桜の苗10本を植樹しました。そのころから、毎年5年生は池の自然観察会を行ってきました。
 15日は昨年の観察会の記録のスライドを見ながら、ゲストティーチャーの寺島先生、安元先生が魚や昆虫などの説明をしました。私は、かつて池の水を飲み水として使っていたこと、請願書採択を契機に池の環境保全を行ってきたことなどをお話ししました。
 こどもたちはゲストティーチャーの話しを目を輝かせ、時には大笑いしながら聞いてくれました。この事前学習を踏まえ、6月4日に池に入って観察会を行う予定です。
 こうした学習の機会を毎年継続して実現していただいている千鳥小の先生方に感謝です。
 


 

ゲストティーチャーの寺島先生、安元先生、地域の前田さん、岩田さん
ゲストティーチャーの寺島先生、安元先生、地域の前田さん、岩田さん