古賀市議会・予算審査特別委(4日目) 社会教育費等を質疑

総工費16億円の生涯学習センター建設予定地
総工費16億円の生涯学習センター建設予定地

 3月14日の午後1時30分より古賀市議会予算審査特別委員会が開催されました。この日は、教育費の中の社会教育と保健体育、公債費等についての説明と質疑が行われました。延べ11人の議員が質疑を行い午後4時20分頃閉会しました。
 中央公民館研修棟及び周辺施設整備事業費(5億9797万3千円)に関して次のような質疑がありました。健全財政維持との関係では、国庫支出金、、地方債、基金繰入の特定財源を充当したこと、市債残高は福岡県内で下から2番目と少なく財政規律を損なわないとの答弁でした。工程については、2014年度後半に着工し2015年度中に完成、2016年10月全面オープンとの答弁。入札形態では、市長部局と検討中だが地元業者を考慮したいとの答弁。また地元木材の使用については検討しているとのことでした。
 次回の特別委員会は3月17日の午前9時30分から開催されます。