糟屋郡篠栗町 全議員にタブレット端末配備の方針

篠栗町の方針を報じる西日本新聞
篠栗町の方針を報じる西日本新聞

 3月4日の西日本新聞は、糟屋郡篠栗町が全議員と執行部にタブレット端末を配備すると報じました。議案や議会日程などの情報をタブレットで共有し、議会効率化とペーパーレス化を目指すというもの。役場内に無線LANシステムを整備し、9月議会から運用を予定しています。
 古賀市議会では、すでに無線LANシステムを整備しています。今回の3月議会から予算説明書や施政方針などをPDFファイルで希望する議員に提供するようにしました。19人の議員のうちタブレット端末を活用する議員は12人を超えています。予算の資料請求に対する文書回答もPDFファイルで提供できるようにしたため、議会事務局の作業負担の軽減とペーパーレス化が少し進みました。
 しかし、篠栗町での取り組みを大いに参考にし、さらなる取り組みを進めたいと思います。