古賀市議会定例会始まる 約50分にわたって施政方針の説明受ける

古賀市の予算概要を報道する新聞各紙
古賀市の予算概要を報道する新聞各紙

 2月27日の午前9時30分、古賀市議会第1回定例会が開会されました。会期は3月26日までの28日間と決定しました。
 定例会ではまず竹下津男市長から、平成26年度の施政方針の説明を受けました。市政運営の重点、予算編成方針、7つの基本目標に沿った施策、補正予算による前倒し事業などについて約50分間にわたって説明がありました。一般会計の予算は195億3100万円、特別会計等含めた予算の総額は334億2500万円でいずれも過去最大の規模となっています。
 さらに結城弘明議会運営委員長が、古賀市議会会議規則の改正案の説明を行いました。議会基本条例施行に向けた自由討議、地方自治法に基づく協議の場、押しボタン式表決に関する定めを盛り込もうとするものです。
 3月3日の午前9時30分から、7人の各会派の代表者等が施政方針に対する質疑を行います。ぜひ傍聴にお越しください。