粕屋北部消防組合議会を開催 2014年度予算を可決

組合議会の様子(粕屋北部消防本部の議場)
組合議会の様子(粕屋北部消防本部の議場)

 219日、平成26年粕屋北部消防組合議会第1回定例会が開催されました。

 この組合議会は、新宮町と古賀市の議長と総務委員長、文教厚生委員長ならびに消防団長の計8人で構成されています。私が組合議会の議長になっています。今回の定例会では、平成26年度一般会計予算ならびに休日診療所事業特別会計を審議し、賛成全員で可決しました。

 粕屋北部消防組合一般会計予算の概要は以下の通りです。

<歳入・歳出> 

991163千円(対前年度比28985千円増)

<歳入の主なもの>

1)分担金  92853万円(対前年度比20916千円増)(均等割25%、人口割75%)

古賀市58691万円(対前年度比6638千円増)

新宮町34162万円(対前年度比14278千円増)

2)消防施設整備基金繰入金 2300万円(対前年度比1300万円増)

3)消防施設整備事業債 2350万円(対前年度比180万円減)

<歳出の主なもの>

1)職員人件費 71494千円(93人)(対前年度比3132千円減)

2)消防指令システム共同運用負担金 3265千円(新規)

3)消防緊急指令システム一部機器更新料 944万円

4)新宮分署グラウンド舗装 1296万円

5)新宮分署ポンプ車購入費 3200万円

 

 粕屋北部消防組合休日診療所事業特別会計予算の概要は以下の通りです。

<歳入・歳出> 

21604千円(対前年度比1002千円減)

<歳入の主なもの>

1)分担金  642千円(均等割25%、人口割75%)

古賀市406千円(4千円減) 新宮町236千円(4千円増)

2)診療所使用料 1476万円(対前年度比198千円増)

3)繰入金     500万円(対前年度比10万円増)

(休日診療所運営基金は2014年度末で8455千円見込み。2015年度から分担金が増額となる見通しです。)

<歳出の主なもの>

 (1)医師謝礼、薬剤師謝礼 7191千円

 (2)嘱託職員 230万円

 (3)臨時雇  1545千円(看護師)

 定例会ではほかに、消防庁及び消防署長の資格に関する条例などを可決しました。