熊本県菊陽町議会が古賀市議会を視察

 212日、熊本県菊陽町議会の議会運営委員会(甲斐栄治委員長)の皆さんが古賀市議会の視察に来られました。テーマは議会改革ならびに議会閉会中の委員会の所管事務調査でした。私と議会運営委員会の結城弘明委員長が説明をしました。

菊陽町は、面積37.57㎢、人口38千人で、農業が盛んな一方、工業出荷額も年間1800億円という町です。人口も増加し、保育所や小学校の建設に取り組んでいます。

古賀市議会の取り組みの説明と質疑応答は2時間に及びました。議会閉会中の常任委員会の時期と内容、委員会議事録、執行部が提出する資料等について活発な質疑がありました。

古賀市議会では、定例会最終日に議会の議決をもって各常任委員会に議会閉会中の継続審査付託を行っています。これに基づき、総務委員会は1日、文教厚生と市民建産は2日、それぞれ所管の各課からの説明を受け質疑を行っています。その質疑の結果は、次の定例会初日の本会議で各委員長が報告します。

菊陽町議会の皆さんから、議会の存在価値を高めるために常任委員会の活動を活性化しようとしていたので大変参考になったという感想をいただきました。

古賀市議会は、議会閉会中の各常任委員会での所管事務調査を継続していますが、質疑の在り方、調査結果の活用などについては検証しさらに充実させていきたいと考えています。

菊陽町議会の視察風景(第1委員会室)
菊陽町議会の視察風景(第1委員会室)