2013年経常黒字 最少の3.3兆円 財務省発表

 2月10日に財務省が発表した2013年の経常収支は、3兆3061億円にとどまり、比較可能な1985年以降で最少であることが明らかになりました。
 各紙は、「貿易赤字の拡大影響」、「赤字転落に現実味」、「国債が売り込まれれば深刻な影響」などと報道しています。「アベノミクスのおかげで回復した」と無批判にいうべきではないと指摘する経済評論家もいます。
 この状況をどう見るべきでしょうか。