古賀市議会総務委 2013年度職員採用 全体で19.5倍の競争率

古賀市職員採用試験の結果一覧
古賀市職員採用試験の結果一覧

 2月4日、古賀市議会総務委員会の所管事務調査が行われました。その中で、2013年度(平成25年度)の古賀市職員採用試験状況について報告がありました。今回は一般事務や保健師など13人程度の募集に対し、312人が受験し、16人が採用内定となりました。全体は19.5倍の競争率で、一般事務(大卒程度)は27倍でした。また今回の特徴として、保健師が2人程度の募集に対し4人、管理栄養士は1人程度の募集に対し2人が採用内定となりました。
 かつて東京都荒川区の「人財」基本方針について視察したことがありますが、どのような人材を、どのように発掘・獲得し育成するのか。面接試験においてどのような資質に注目して採用したのか。こうした基本的なことをしっかり検証することが肝心だと感じます。
 その点では、健康対策を重視する姿勢として、保健師と管理栄養士を積極的に採用したことは高く評価すべきと思います。