古賀市議会総務委員会 公共交通の新たなプロジェクトチーム

 2月4日、古賀市議会総務委員会の所管事務調査が行われました。その中で、公共交通のあり方を検討する新たなプロジェクトチームについて古賀市の考え方が示されました。
 それは、「これまでのプロジェクトチームは市役所内部のチームだったが、来年度は外部の有識者等を入れて多角的に考えるチームを予定している。現存するインフラの活用等を検討してきたがなかなか打開策が見つからなかった。新たなプロジェクトチームで知恵を借り、積極策を打ち出したい」というものでした。
 私は路線バスと市街地を「8の字」で巡回するコミュニティバスの「複合型」公共交通体系を提言しています。今年4月以降に発足する予定の新たなプロジェクトチームが、どのような方向性で、いつまでに積極策を打ち出すのか注視していきたいと思います。