粕屋北部消防組合議会定例会 平成24年度決算を認定

粕屋北部消防組合議会定例会(粕屋北部消防本部議場)
粕屋北部消防組合議会定例会(粕屋北部消防本部議場)

 12月27日の午前9時30分から、粕屋北部消防組合(組合長:長崎武利新宮町長)の定例議会が開催されました。私はこの組合議会議長を務めています。
 定例会では、はしご車のオーバーホール委託費の補正予算、平成24年度の決算認定について審議、決定、認定をしました。組合一般会計決算では歳入総額約9億8941万5千円、歳出総額9億7366万9千円、実質収支額1574万6千円でした。負担金は古賀市5億8711万2千円、新宮町3億2250万8千円です。
 また休日診療所の決算は、歳入総額2394万9千円、歳出総額2131万6千円、実質収支額263万2千円でした。患者数は対前年度比で18人減ですが、内科132人増、小児科150人減となっていました。
 今後、指令業務の共同運用に向けて動き出します。