福岡県原子力防災訓練 糸島市民40人が古賀市に避難(11月30日)

 11月30日、福岡県原子力防災訓練が実施されますが、古賀市も参加します。玄海原発で事故が発生し原子炉が停止し放射性物質が外部へ放出されるという想定による訓練です。
 糸島市民400人が避難する訓練ですが、古賀市の市民体育館に40人が大型バスで移動します。午前10時55分頃古賀市市民体育館に到着し、スクリーニング訓練、健康相談、原子力防災講話そして食料供給などが実施されます。
 私も訓練の様子を見学する予定です。