特定秘密保護法案 自・公が強行採決

国会前での抗議行動を報じる朝日新聞
国会前での抗議行動を報じる朝日新聞

 11月26日、自民党と公明党は特定秘密保護法案について、みんなの党、維新の会との4党修正案を衆院本会議に緊急上程し、自民、公明、みんなの党の賛成多数で可決しました。今朝の新聞各紙は、「強行採決」「知る権利保障なく」「民いい置き去り」「改めて廃案を求める」等々の見出しが大きく記載されています。安倍政権はアメリカの要求に忠実で、採決を急いだのではないでしょうか。「国民を守るため」と言っていますが、本当でしょうか。