古賀市とサンリブ 一時避難所で協定書調印式 西小児童450人避難訓練

一時避難所として市民を受け入れてくれるサンリブ古賀
一時避難所として市民を受け入れてくれるサンリブ古賀

 11月26日、サンリブと古賀市は、災害発生時にサンリブ古賀を一時避難所として市民を受け入れていただくための協定書の調印式を行いました。大規模な地震・津波や洪水が発生したときには、サンリブ古賀を一時避難所として使用することができるようになりました。こうした地域貢献はありがたいことです。
 26日には、古賀西小学校は想定外の津波に備え、450人の全児童が参加する避難訓練を実施しました。午前8時45分、子どもたちは上履きのまま教室を出てサンリブの屋上まで歩いていきました。海に近い古賀西小学校の児童がこうした訓練を行ったことはとても重要です。
 この日は私は視察で愛媛県に行っていたため訓練の様子を見学できませんでした。しかし、議員連絡会で報告したため、総務委員会の正副委員長をはじめ数名の議員が見学しました。

サンリブ駐車場屋上での避難訓練を報じる西日本新聞
サンリブ駐車場屋上での避難訓練を報じる西日本新聞