古賀市船原古墳 唯一無二の輝く馬具

西日本新聞(11月25日)
西日本新聞(11月25日)
 11月25日の新聞各紙は、古賀市の船原(ふなばる)古墳遺物埋納坑について大きく扱っています。西日本新聞では、「唯一無二 輝く馬具」との見出しで、「金銅製歩揺付飾金具(ほようつきかざりかなぐ)」が出土し、国内に累計のない形状であることが分かったと古賀市教育委員会が発表したと報じています。
 これは、九州歴史資料館がCTスキャナーで土の塊の中から発見しました。「船原古墳の埋葬者は新羅と独自のルートを持っていた豪族の可能性がある」と分析されています。
 12月3日の午後7時半より、NHKクローズアップ現代でこの件について放映されます。必見ですね。