古賀高校組合議会開催 平成24年度決算を認定

古賀高校組合議会(古賀市議会第1委員会室)
古賀高校組合議会(古賀市議会第1委員会室)
 11月18日の午前9時30分より、古賀市議会第1委員会室で、古賀高校組合議会が開催されました。福津市、新宮町、古賀市で構成する一部事務組合で、組合長は古賀市の竹下市長、教育長は古賀市の荒木教育長、議長は私が勤めています。
 議会では平成24年度決算を認定しました。
<歳入総額> 6億1731万1316円
<歳出総額> 6億 502万6320円
<歳入歳出差引額> 1228万4996円
<主な歳入>...
・経常経費分担金(地方交付税)3億9815万9000円(前年度4億507万5000円)
・創設費分担金 6236万7000円(古賀市1172万7千円、新宮町745万3千円、福津市1142万7千円、地方交付税3176万円)
・公立高校授業料不徴収交付金6401万9590円(前年度6563万1736円)
・高校施設整備費1544万円(組合内4万円、組合外12万円)
<主な歳出>
・教育職員人件費(教育職員47人、事務職員1人など)4億458万8988円
・セミナーハウスボイラー設置工事203万700円
<生徒数>
・平成24年5月1日現在 595人(組合内65.7%)

 定例会閉会後、議会全員協議会が開催されました。そこでは、古賀高校組合運営費が不足することから、構成市町の分担金の増額が必要になるとの試算が執行部から説明されました。不足額が発生する理由として、高校無償化に伴い、授業料が公立学校授業料不徴収交付金となったが授業料ピーク時に比べて年約1000万円減少すること、ならびに経常費分担金地方交付税がピーク時に比べ年約3700万円減少する見込みであることなどがあげられました。
 構成市町の負担が急増することから、今後精査し、よく協議しながら来年度予算を編成することなどを確認しました。