古賀市立古賀西小学校で津波警報発令を想定した避難訓練

上履きのまま歩いて避難訓練
上履きのまま歩いて避難訓練

 11月9日の午後2時45分、古賀市に津波警報が発令されたという想定で、古賀市立古賀西小学校を舞台に防災訓練が実施されました。市長を本部長とする災害対策本部が設置され、市民への周知などの訓練が行われました。
 特に今回は、古賀西小学校の児童が避難所であるサンリブ近くの交番まで歩く避難訓練をしました。先生も児童も上履きのまま、真剣に歩きました。訓練終了後には荒牧粕屋北部消防長が児童に激励の講話を行いました。
 また、小学校区内の各行政区では第一次避難所を設け、災害時要援護者の避難訓練も行いました。折り畳み式リアカーも登場しました。
 こうした訓練を繰り返し実施することが、地域から犠牲者を出さないことにつながると思います。

荒牧消防長が子どもたちに意激励のあいさつ
荒牧消防長が子どもたちに意激励のあいさつ
災害時要援護者の避難訓練
災害時要援護者の避難訓練