古賀東校区防災訓練であいさつ 445人でスタート

 10月19日の午前9時から、古賀東小学校で古賀東校区防災訓練ならびにハローウィン大会が開催されました。朝の時点で445人が参加。私は8時に久保西公民館に行き、地域の方と一緒に小学校まで歩きました。
 9時からの開会式では、竹下市長、田辺県議に続き挨拶をしました。あいさつの中で、3年目を迎えた防災訓練が定着していること、特に子どもたちがたくさん参加していることがすごいことだと評価しました。
 釜石の奇跡と言われていますが、子どもたちは自主的により高台へと避難しました。小中学生はほとんど命を失わずにすんだのです。古賀東校区は群馬大学の片田教授の教えをすでに実践しています。

 会場では、炊き出し訓練、非常食などの紹介、防災DVD、粕屋北部消防本部によるデモンストレーションなどが展開されました。
 こうした校区単位の実践的な訓練が市内全域に広がることを期待しています。

各公民館から歩いて避難訓練
各公民館から歩いて避難訓練
楽しい企画で子どもたちも参加
楽しい企画で子どもたちも参加
ダウンロード
古賀東校区防災訓練開会式での挨拶全文
131019東校区防災訓練挨拶はがきサイズ.pdf
PDFファイル 178.5 KB