地域医療と市民を結ぶ会 改めて参加を呼びかけます

 福岡市の整形外科での火災は本当につらいものがあります。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
 有床診療所の現状が、この事件を契機に新聞やテレビで報道されています。神奈川県海老名市の葉梨先生や太宰府市の鹿子生先生は直接お会いしたこともある先生です。有床診療所の地域医療における役割を訴え、その存続・活用のために政府に粘り強く要請活動を展開してこられました。
 古賀市内の大岩俊夫先生もそのお一人です。厳しい経営状況の中でどのように安全対策を実施していくのか。私たちも今まで以上に真剣に考えなければならないと痛感します。
 ちょうど10月25日に古賀市・花見東2区公民館で「地域医療と市民を結ぶ会」の例会があります。大岩先生のお話もあります。在宅療養診療所のお話もあります。ぜひお気軽に参加していただきたいと思います。