安倍首相 消費税8%を決定 5兆円超の経済対策も

 10月1日、安倍首相は2014年4月1日から消費税を5%から8%に増税することを発表しました。約8兆円の増税ですが、一方で5兆円を超す経済対策を打ち出しました。
 私は今、ある本を読んでいます。その中に、「消費税増税でどのような日本を目指しているのか。フランスやドイツのように、国民がお互いに助け合って生きていく社会を目指していない。もちろんスウェーデンのようにお互いに助け合い、しかも政府が国民の標準生活(最低限ではない!)を保障する社会でもない。アメリカのような国民が自分の...責任で生きていく社会を目指しているのではないか。」というくだりがあります。
 今のままでは、国民が安心して暮らせる社会保障は実現しないような危機感を感じます。
 その本には、「財政(pubilic finance)とは、おおやけのお金まわりであり、誰も排除されないお金まわりであり、社会の構成員の『共同の財布』である」という説明もありました。なるほどと思いながら、安倍首相の記者会見内容を吟味しなければと考えました。