古賀市一般会計補正予算 馬具発掘現場の用地測量

 古賀市一般会計補正予算の中に、谷山北地区で国宝級の馬具等が発掘されたことに伴う用地測量委託120万円が計上されました。資料請求の結果具体的な内容がわかりました。
 約1か月をかけて3700㎡の区域の調査、測量、申請業務などを委託するもので、地権者は2人です。この区域を基盤整備事業から除外します。除外後は、用地買収について地権者との交渉及び将来的な公園化の検討を進めるというのが古賀市の方針です。

 もし国指定を受けた場合は、史跡等購入費補助金(補助率80%)を活用して用地を買収することも考えられるようです。