ソフトバンク・ファーム誘致に向けてチラシ配布

 古賀市の竹下司津男市長は8月22日に福岡ソフトバンクホークスのファーム誘致に古賀市としても手を挙げることを表明しました。

 これを受けて、9月4日の朝と夕方、古賀市にあるJRの古賀、千鳥、ししぶの3駅で古賀市商工会、観光協会がチラシを配布しました。この取り組みには市長はじめ古賀市の職員、そして古賀市議会の議員ほぼ全員が参加しました。

 通勤、通学の市民から「ぜひ古賀市に誘致してください」という声が多数寄せられました。ドリンクを差し入れしてくれる市民もいました。

 市役所での横断幕の設置、駅頭でのチラシ配布と少しずつ機運が盛り上がっています。一方、名乗りを上げた自治体は20を超したようです。また、9月4日には福岡市議会の有志が高島市長に、ソフトバンクを福岡市に残留させるよう要望活動を行っています。