福岡県内33市町村 自治体クラウド導入へ

8月28日・西日本新聞
8月28日・西日本新聞

 古賀市をはじめ福岡県内33市町村で構成する「ふくおか電子自治体共同運営協議会」は、「ふくおか自治体クラウド」を導入すると8月27日に発表しました。8月28日の西日本新聞が報道しています。
 災害時のデータ喪失のリスクを回避し、迅速な業務の復旧が可能になるとのことです。
 9月の筑後市を皮切りに各市町村が随時民間業者のデータセンターにデータを移し、2016年度に運用開始を目指す計画です。