68回目の「終戦の日」 不戦の誓いを新たに

 8月15日は68回目の「終戦の日」。二度と愚かな戦争を繰り返してはならない、その思いを新たにする一日です。正午には1分間の黙とうをしました。
 安倍首相は、「世界の恒久平和に能(あた)うる限り貢献」する決意を述べていました。しかし、歴代首相が述べてきた「アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」「深い反省とともに、犠牲となった方々に謹んで哀悼の意を表す」という言葉を述べませんでした。「不戦の誓い」もありませんでした。
 私は、午後には夫婦で映画「少年H」を鑑賞してきました。戦争を考える一日でした。