長崎・原爆の日 核兵器廃絶に決意新た

 8月9日は、長崎に原爆が投下されてから68年目の日。長崎市では平和祈念式典が開催されました。原爆が投下された11時2分、私も黙とうをささげました。古賀市でもサイレンを鳴らしました。
 長崎市長は平和宣言の中で、日本政府に対し世界で唯一の被爆国としての立場に返るよう強く求めました。核兵器の廃絶に向けて世界でリーダーシップをとるよう求めました。
 核兵器の廃絶、二度と戦争を起こさない世界とするために決意を新たにする一日です。

ダウンロード
2013年8月9日の長崎平和祈念式典で長崎市長が世界に発信した平和宣言の全文です。
130809長崎平和宣言.pdf
PDFファイル 187.9 KB