古賀市の財政・市税の推移

 古賀市の台所事情について報告します。

 最初は、市税収入の推移です。
 2012年度では、個人市民税27億700万円、法人市民税7億600万円、固定資産税28億5200万円、軽自動車税9500万円、たばこ税3億7300万円、入湯税13万5千円、合計67億3300万円となっています。前年度と比べて、7500万円増です。内訳では、個人市民税が1億3600万円増、法人市民税が7700万円増、固定資産税が1億4200万円減、軽自動車税が300万円増、たばこ税は横ばいという傾向です。
 なお、2007年度に個人市民税が大きく増加しているのは、三位一体改革による税源移譲によるものです。