広島原爆の日 8時15分に黙祷

昨年10月に広島平和公園を訪問
昨年10月に広島平和公園を訪問

 8月6日は、広島に原爆が投下されてから68年目の「原爆の日」です。

 広島市では平和記念公園で平和記念式典が開催されました。そこで松井一美市長が「平和宣言」を発表しました。その中で市長は、核兵器を「非人道兵器の極みであり『絶対悪』」とし、廃絶を訴えました。

 古賀市でも8時15分にサイレンを鳴らし、市民に黙祷を呼びかけました。

ダウンロード
広島市長による平和宣言の全文
130806広島平和宣言.pdf
PDFファイル 204.0 KB