古賀北中で全生徒対象に骨密度測定

骨密度測定の様子
骨密度測定の様子

 古賀市では骨密度測定器を活用した健康づくりに力を入れています。2012年度からは古賀北中学校でもこの取り組みが始まりました。成長期に骨密度を測定し、自分の健康課題に気づき、望ましい生活習慣に改善する生徒を育てるという目標です。
 7月1日には、福岡女学院看護大学の松尾和枝先生が古賀北中の全生徒を対象に保健指導の講演を行いました。そして1日と2日の二日間で約700人の生徒の骨密度測定を行いました。同時に、「健康実態アンケート」も実施しました。測定結果とアンケート分析をふまえた保健指導が行われる予定です。
 この取り組みは、時間はかかりますが必ず大きな成果をもたらすものと思います。いわば「古賀方式」を市内全域に、そして県内、九州へと広げていきたいものです。関係者のご努力に心より感謝します。
 写真は古賀北中の先生に提供していただきました。

全校集会で看護大の松尾先生が保健指導の講演
全校集会で看護大の松尾先生が保健指導の講演