古賀市議会 健康づくりをテーマに第6回研修会

講師は予防健診課の職員
講師は予防健診課の職員
 7月1日の午前9時30分より古賀市議会第1委員会室で、第6回議会研修会を開催しました。今回は保健福祉部予防健診課の職員が先生でした。
 第1部は、予防健診課健診指導係の荒牧係長(保健師)、村上保健師が市民の健康の実態と課題について豊富なデータをもとに講義してくれました。
 第2部は、健康づくり係の中村参事補佐が自殺予防対策、ゲートキーパーの役割について講義してくれました。
 特定健診・保健指導では、①平成23年度の受診率は23.9%、県内50位と低率横ばい傾向②リピーター率...が低く、60~70歳代の受診割合が低い③40~59歳女性の受診率の伸びが低い④特定保健指導率は目標を大きく上待っており、66.8%(県内12位)という特徴や課題が明らかになっています。
 特定健診結果と医療費から見えてきたことは、①虚血性心疾患や脳血管疾患の最大危険因子である中等度~重度高血圧の人の6割、治療が必要なLDLコレステロール180mg/dl以上の9割が未治②糖尿病受療率が県内1位と高い割に、人工透析導入率が低く(県内54位)その合併症も少ない。高い受療率が、重症化防止につながっている。③特定健診を全く受けたことがない人は、毎年受けている人より年間約12万円通院医療費が高いという特徴が明らかになっています。
 こうした分析結果をもとに、①受診しやすい健診体制の整備②未受診者対策の強化③医療機関との連携強化④効率的かつ効果的な保健指導の実施などが展開されようとしています。特に、小野校区など受診率が低い地域を巡回し健康意識の向上を図ることに力を入れています。また、保健師などスタッフの質とともにマンパワーの強化も必要になっています。
 大変すばらしい研修会でした。議員も積極的に健診を受ける契機になれば幸いです。
もっと見る