古賀市原爆被害者の会総会であいさつ

 6月9日の午前10時30分より、古賀市・千鳥苑にて、第25回古賀市原爆被害者の会総会が開催されました。長崎市や広島市で被爆した方々が、核兵器の廃絶を訴え続けています。
 長崎市では6月8日、第16代の高校生平和大使が結団式を行いました。核兵器廃絶を求める署名を集め、8月末に国連本部に届けに行きます。若い世代に語り継ぎ、平和な社会の実現に向けた取り組みを推進しなければなりません。
 私は総会の場で古賀市議会議長としてあいさつをしました。

ダウンロード
あいさつ全文
130609原爆被害者の会総会挨拶はがきサイズ.pdf
PDFファイル 184.4 KB