花見校区コミュニティ運営協議会定期総会であいさつ

学校と地域と家庭の連携を
学校と地域と家庭の連携を

 5月18日の午後7時より、花見東1区自治会公民館で平成25年花見校区コミュニティ運営協議会定期総会が開催されました。私は竹下市長に続いて来賓あいさつをさせていただきました。西尾副議長もあいさつしました。

 私は、夏祭りや駅伝など子どもたちが参加できる機会を作っていただいていること等に感謝するとともに、これからのまちづくりにとって「地域」は最も大事な要素であると強調しました。花見校区コミュニティは10年目を迎えますが、古賀市では全体的に模索が続いています。現在はまだ「共同事業展開型」で、地域の自治組織には至っていません。行政区とコミュニティの関係、地域担当職員を配置するなどより強力な対策が必要ではないか等々私の考えを述べさせていただきました。

 総会では、事業計画や予算案などを巡って活発な審議が行われました。