国宝級馬具出土 現地説明会に参加

馬具専用の埋納坑
馬具専用の埋納坑

4月21日、古賀市・谷山北地区遺跡群発掘調査、馬具埋納坑現地説明会に行ってきました。船原古墳のそばにある馬具専用の埋納坑では、古賀市教育委員会文化財係の森下靖士さんが説明をしていました。全長5.2m、幅0.8m、深さ0.7mの細長い土坑の中に、金銅張りの鞍や辻金具などを発見された状態で見ることができました。

説明会には約800人が参加。福岡県内だけではなく山口県など各地から考古学ファンが駆けつけてくれたようです。